観光タクシー 貸し切りバス ジャンボタクシー予約はこちら
お問い合わせはこちら
日本全国どこでも 観光バス・タクシーネットワーク

兼六園

水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並び称される日本三大名園のひとつ。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で、兼六園の名は松平定信が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の 6つを兼備する名園であるとして命名した。延宝年間(1673~81)加賀 5代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、完成までに 200年の歳月を費やしたといわれる。10万㎡を超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。また、春の桜、秋の紅葉、冬の雪吊りと四季折々の風景が楽しめる。